HOME 十勝毎日新聞社ニュース 小学生も「頑張れ!」 アジア大会応援用に小旗作り 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

小学生も「頑張れ!」 アジア大会応援用に小旗作り 帯広

  • 2017年2月16日 14時25分

 冬季アジア札幌大会のスピードスケート競技(20~23日)の期間中には、十勝管内21小学校の児童延べ約2600人が会場の明治北海道十勝オーバルで観戦する。地元開催を盛り上げ、国際大会の雰囲気を感じるのが目的。

自分で作った応援の旗を手に笑顔の子どもたち(帯広明星小で)

 帯広市内の小学校では、応援に使う旗の製作が進んでいる。

 5・6年生144人が女子1000メートル(20日)を観戦する明星小(石原基博校長、児童482人)では16日午前、5年1組(28人)が応援旗作りに励んだ。

 旗は縦20センチ、横30センチほどの大きさ。児童は赤や黄、緑などの色鉛筆を使い、「風のように走れ」「ガンバレ日本」などと選手へのメッセージを書いた。

 同種目に出場予定の高木美帆選手(幕別町出身)の似顔絵を描いた山本このかさん(11)は「選手の心に響くよう、気合を込めて応援したい」と笑顔で話した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
10℃
最低気温
6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み