HOME 十勝毎日新聞社ニュース 氷の宝石輝く 写真愛好家続々 豊頃
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

氷の宝石輝く 写真愛好家続々 豊頃

  • 2017年1月12日 13時49分

朝日に輝くジュエリーアイス


 豊頃町大津地区の十勝川河口付近の海岸で、氷の塊「ジュエリーアイス」が姿を現し始めた。12日朝の大津の気温は氷点下23.4度と今季最低を記録する中、カメラを手にした写真愛好家らが早くも訪れている。

 凍結した十勝川から海に流れた氷が、波によって砂浜に打ち上げられてできる。薄く小さいものから、畳1枚分を超える巨大なものまでさまざま。もともとあった自然現象だが、2、3年前から道内外の写真愛好家らに注目され始めた。打ち上げられる氷の量は今月下旬からさらに増え、見頃は2月いっぱいまで続く見通し。

 午前6時半ごろには、管内外から写真愛好家ら20人が訪れた。札幌市のカメラマン久保陽平さん(26)は「今日は薄い氷が多かったが、これも面白い。ほかでは見られないので、今シーズンはあと2、3回来たい」と話していた。町企画課は「九州からも問い合わせがあるなどかなり注目されている」とし、観光資源としての手応えをつかんでいる。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
21℃
最低気温
12℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み