HOME 十勝毎日新聞社ニュース 高値傾向続く ホクレン家畜市場初競り 音更
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

高値傾向続く ホクレン家畜市場初競り 音更

  • 2017年1月10日 13時59分

初競りから高値で取引された育成牛市場

 ホクレン十勝地区家畜市場(音更町音更西2線)で10日午前10時、今年の初競りとなる育成牛市場が行われた。1頭70万円を超す価格が付くなど、高値で推移した昨年の傾向が続く取引となった。

 十勝家畜市場運営委員会(委員長・新津賀庸JAあしょろ組合長)、ホクレン帯広支所が主催。育成牛市場は生後数カ月から妊娠するまでの牛が中心で、前年より41頭少ない424頭が出品登録された。

 開会セレモニーで新津委員長が「買いやすく、売りやすい市場を目指し、生産者と農協、ホクレンが一丸で集荷、販売体制を確立したい」とあいさつした。購買者を代表して酪農業高橋良浩さん(士幌町)の発声で牛乳で乾杯した。

 育成牛市場は昨年12月の1頭当たりの平均価格が51万円となるなど高値で推移。酪農家の減少や、乳牛への黒毛和牛の種付けなどで頭数が減る一方、規模拡大への引き合いもあり高値が付いている。初競りも高値の売買が目立ったが、買い付けした酪農家からは「高値で派手に見えるが、利益が増えなければ農家は大変。買い手も売り手も得をしない」との声も聞かれた。

 同市場の育成牛市場は昨年4~12月は、成立頭数が3947頭(前年比4%減)、取扱高は17億2700万円(同30%増)だった。需要に対して供給頭数が少ない傾向は今年も続くとみられる。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
26日の十勝の天気
最高気温
24℃
最低気温
10℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み