HOME 十勝毎日新聞社ニュース ばんえい初の2億円台 29日発売額 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

ばんえい初の2億円台 29日発売額 帯広

  • 2016年12月30日 14時02分

最高発売額を記録した29日のばんえい競馬で、約4600万円を売り上げた「ヤングチャンピオンシップ」

 帯広市は29日、同日開催のばんえい競馬の発売額が2億34万5900円になったことを発表した。市単独開催後の1日当たりの発売最高額だった1億9658万4600円(2008年1月2日)を超え、初の2億円台となった。ばんえい十勝広報は「たくさんのファンに支えられての結果」と感謝している。

 同競馬の発売最高額は例年、全国の地方競馬場、場外発売所で馬券が発売される「帯広記念」開催の1月2日だが、今回はそれよりも早く、年末最終日の29日の快挙となった。

 同日は重賞レースの「第18回ヤングチャンピオンシップ」で4634万8500円と最も馬券が売れ、最終レースの「’16ファイナルカップA1-1・2決勝」も3921万6400円と高額の発売となった。

 ばんえい十勝広報は「大井競馬場(東京)で28、29両日に開いたばんえいイベントなど、全国的にばんえい競馬のPRを行ってきた。その周知がネットでの馬券の売り上げに結び付いたのでは」と推測している。

 1月2日の帯広記念は全国発売もされる。同広報は「今後もより多くの方にばんえい競馬を楽しんでもらえれば」と呼び掛けている。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
-4℃
最低気温
-19℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み