HOME 十勝毎日新聞社ニュース 希望と元気のカップで ほっとマグ始まる 帯広
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

希望と元気のカップで ほっとマグ始まる 帯広

  • 2016年12月27日 13時42分

「希望と元気」が表現されたマグカップ

 イベント参加の各店で、共通のオリジナルマグカップを使って温かい飲み物を提供する「OBIHIROほっとマグフェスタ2016-2017」が始まった。来年3月31日まで。

 地域活性化を目的に、OBIHIROほっとマグフェスタ実行委員会が主催している。

 7回目となる今回は鹿追町在住のデザイナー重野真希さんが、太陽を背景に十勝の特産を描き「希望と元気」を表現した。マグカップを焼き上げる温度なども工夫し、発色良く仕上がっている。

 帯広市内中心街の飲食店などが参加し、温かい飲料の提供とともにマグカップの販売も行う。また藤丸などでは1個540円でマグカップのみの販売も行っている。ファンも多く、昨年はフェスタ終了を待たず完売した。

 同実行委員会は「オリジナルのデザインを楽しみながら、酒やココアなどを飲んでほしい。この企画をもっと広めていきたい」と話している。

 問い合わせはまちづくり元気おびひろ(0155・26・0116)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
26日の十勝の天気
最高気温
-1℃
最低気温
-4℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み