HOME 十勝毎日新聞社ニュース 和牛の採卵始まる JA全農ET研究所「繁殖義塾」 士幌
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

和牛の採卵始まる JA全農ET研究所「繁殖義塾」 士幌

  • 2016年12月21日 14時23分

閉校となった小学校の体育館内で行われた採卵作業

 JA全農ET研究所(上士幌、小西正人所長)が町内の旧北中音更小学校に開設した「繁殖義塾」で21日、和牛の採卵事業が始まった。繁殖農家から集められた和牛から受精卵が取り出され、即日管内の酪農家に届けられた。

 繁殖農家から和牛の受精卵を買い上げることで、農家の所得向上に加え生産基盤の強化を図るのが狙い。こういった事業に学校跡を活用するのは全国的にも例がない。

 午前7時半から採卵場として整備した同校の体育館に牛13頭が次々と運び込まれ、獣医3人が受精卵を取り出した。大きさ0.1ミリ以下の受精卵は同研究所のスタッフが顕微鏡で分析し、同11時から新鮮な状態で管内の酪農家に出荷され、即日移植が始まった。

 受精卵を提供した池田町の繁殖農家清水孝悦さん(40)は「子牛の減少に歯止めをかけ、良好な血筋を残す方法の1つとしてはいいのでは」と期待していた。採卵は22日も行われ、牛12頭が運び込まれる予定。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
17日の十勝の天気
最高気温
-1℃
最低気温
-11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み