HOME 十勝毎日新聞社ニュース 22日再開へ最終点検 芽室-新得で試験走行 JR北
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

22日再開へ最終点検 芽室-新得で試験走行 JR北

  • 2016年12月18日 14時05分

速度を落として試験運行するディーゼル機関車

 22日に迫ったJR石勝線・根室線の芽室-トマム間の運行再開に向け、JR北海道は18日、実際に列車を走らせる試験走行を始めた。試験走行は21日まで行われ、レールの状態や電気設備の最終点検を行う。

 試運転はディーゼル車を2両使用し、午前9時10分ごろに芽室駅を出発。18日は芽室-新得間を走行し、列車が通過した際のレールの沈み幅を測る検査を実施した。台風被害で流失した清水川橋梁(きょうりょう)、第1佐幌川橋梁を通過する際は15キロ、25キロ、45キロと速度に変化をつけて3度走行し、レールの状態などを確かめた。

 19日は新得から狩勝信号場までの区間で同様の検査を行う。20、21日は芽室-トマム間を1日1往復し、信号の作動など電気系統を確かめる。

 芽室-トマム間は8月の台風10号による被害を受けて清水川橋梁、第1佐幌川橋梁、下新得川橋梁が流失。安平川改修工事で使用予定だった橋桁を転用して工期を短縮し、今月上旬に橋桁を架け終えて電気工事などを行っていた。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
22日の十勝の天気
最高気温
26℃
最低気温
20℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み