HOME 十勝毎日新聞社ニュース 「酉」年の十勝ワイン登場 池田高美術部がラベル考案
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

「酉」年の十勝ワイン登場 池田高美術部がラベル考案

  • 2016年12月9日 13時40分

 池田高校美術部(秋葉一司部長、8人)は来年の干支(えと)、酉(とり)年にちなんだ十勝ワインのラベルを考案した。特製ラベルを貼ったワインは12日、町内の丸信新津商店(西1、新津雅弘社長)で販売される。

酉年にちなんだラベルを貼って売られる十勝ワインと、左から秋葉さん、天野さん、久常さん

 同店が高校生に地域貢献の機会をつくり、若い感性を商品に生かそうと同校に依頼。2012年のえと(辰=たつ)に始めた。同部のえとラベルは6年目になる。

 今回は部員が11月の部活動でデザインを考えた中から、ラベルにふさわしい酉年が伝わる絵柄2点を選んだ。

 2年生の秋葉部長(17)が考えたのは、青空を飛ぶタンチョウの姿で「冬に大空を華麗に優雅に飛んでいるイメージがあり、酉年に良い」と話す。

 もう1点が1年生の久常優花さん(16)の作品で、酉の文字にニワトリの赤いとさかと足を描き、「文字で表現したかった。選ばれてびっくり。良い記念になる」と喜ぶ。

 えとラベルの「セイオロサム」の赤(2012年物)と白(2015年物)に貼り、1本(720ミリリットル)2278円。数量限定。

 同店の新津いづみさんは「年末年始の土産にぴったりのラベルになった。十二支の半分がそろったので、来年以降も続けたい」と話す。

 同部は3年生5人が引退し現在は3人での活動だが、秋葉部長と久常さんの他、2年生の天野菜々子さん(17)とともに来年も取り組む考え。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
26℃
最低気温
14℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み