HOME 十勝毎日新聞社ニュース 大谷選手ようこそ 市川選手と幕別に来町
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

大谷選手ようこそ 市川選手と幕別に来町

  • 2016年11月21日 13時56分

ナウマン象記念館を見学する大谷選手、市川選手(右から)

 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が21日、応援大使を務める幕別町を訪れた。町忠類のナウマン象記念館を見学し、町内の子どもたちと交流した。

 応援大使は地域貢献やファン拡大を目的に、道内179市町村を10年間で選手が順に担当する同球団のプロジェクト。任期の1年間、選手が行事参加や広報などに協力する。

 大谷選手は同じ応援大使の市川友也捕手とともに午前11時半、ナウマン温泉ホテルアルコ236に到着した。ユリ根のかき揚げや「どろぶた」のしゃぶしゃぶなど忠類産食材を使った昼食を取りながら、飯田晴義町長、同球団幕別後援会の笠谷直樹会長らと懇談した。

 その後、ナウマン象記念館を見学し、町内小学校で子どもたちと交流した。

 午後4時半から、町百年記念ホールで両選手が語る町民限定のトークショーも開かれる。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
22日の十勝の天気
最高気温
26℃
最低気温
20℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み