HOME 十勝毎日新聞社ニュース 全国チーズの頂点 池田・ハッピネスデーリィ
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

全国チーズの頂点 池田・ハッピネスデーリィ

  • 2016年10月24日 13時51分

グランプリ受賞に笑顔の嶋木社長(中央)。右は外国人審査員のローラン・バルテレミー氏、左は同協会の本間るみ子会長

 国産のナチュラルチーズを審査、表彰するジャパンチーズアワード2016(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が23日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれ、ハッピネスデーリィ(池田、嶋木正一社長)の「森のカムイ」が最高位のグランプリに輝いた。見た目、味ともに高評価を受け、全国65工房182品の頂点に立った。

 2014年に続いて開かれ、十勝から7工房が出展。上位品は来年6月に本場フランスで開かれるチーズの国際コンクールの出品支援が受けられる。専門家ら審査員70人がフレッシュ・プレーンや青カビなど、19のカテゴリーごとに金賞、銀賞、銅賞の各賞を選定。各部門の部門賞からグランプリが選出された。

 「森のカムイ」は加熱圧搾6カ月以上の部に出展し、金賞と部門賞も獲得した。嶋木社長の妻しず子さん、長女の目黒陽子さんが熟成を担当。審査会では見た目や組織の美しさに、牛乳本来の味や食べやすい味わいが評価され、握りずしのネタとして山ワサビとしょうゆに付ける食べ方の独自性も注目された。

 嶋木社長は「発売した当初は販売を休止した経緯もあるが、熟成を重ねるうちに品質が整った自信作。多くの審査員に認めてもらえ、感激している」と話した。

<ジャパンチーズアワード 十勝管内工房の入賞品>
◇白カビ

▽銀賞=笹雪(共働学舎新得農場)

◇酸凝固(ヤギ乳)
▽銀賞=十勝シェーブル炭(ランランファームチーズ工房)

◇同(ヤギ以外)
▽銀賞=さくら(共働学舎新得農場)、牛鐘(ランランファームチーズ工房)

◇ウオッシュ
▽銅賞=酒蔵(共働学舎新得農場)

◇非加熱圧搾4カ月未満
▽銅賞=ペケレ(ランランファームチーズ工房)、ゴーダ(NEEDS)

◇ラクレットタイプ
▽銀賞=ラクレット(共働学舎新得農場)

◇加熱圧搾6カ月未満
▽金賞=幸(しあわせチーズ工房)
▽銀賞=大(足寄町農業協同組合あしょろチーズ工房)

◇加熱圧搾6カ月以上
▽銀賞=シントコ(共働学舎新得農場)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
16℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み