HOME 十勝毎日新聞社ニュース 製糖作業開始 24時間体制で 日甜芽室
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

製糖作業開始 24時間体制で 日甜芽室

  • 2016年10月20日 14時05分

ベルトコンベヤーで工場内に運ばれるビート

 日本甜菜製糖芽室製糖所(佐藤和彦所長)で20日、今年産のビートを原料にした製糖作業が始まった。24時間体制で来年4月上旬まで操業し、グラニュー糖などを製造する。

 同工場は原料処理能力が1日8500トンで東洋一の規模。同町や帯広、音更など管内6市町村の農家約1800戸、1万4407ヘクタールと契約し、ビートを受け入れる。業務用のグラニュー糖が主力製品になる。

 今年産のビートは、天候不順や台風の大雨で収量は昨年の2割減を予想。湿害や病害虫により例年よりも収量や糖分、品質に不安定要因が多い。受け入れ開始は昨年より3日遅く、製糖期間も2~3週間短くなると見込んでいる。

 工場は20日午前6時から受け入れを始め、ビートを積んだダンプカーが次々と到着した。土が付いたビートは水で洗浄されながら工場内に運ばれ、裁断などの加工が行われた。秋岡廣一副所長は「農家と同じく、少しでも収量が増えてほしいと期待している。輸送を含めて安全で効率的な製糖作業ができればいい」と話していた。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
24日の十勝の天気
最高気温
30℃
最低気温
18℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み