HOME 十勝毎日新聞社ニュース アザラシ赤ちゃん誕生 23年ぶり おびひろ動物園
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

アザラシ赤ちゃん誕生 23年ぶり おびひろ動物園

  • 2016年3月26日 13時54分

 おびひろ動物園(高橋利夫園長)は26日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが20日に生まれたと発表した。同園でのアザラシの繁殖は、赤ちゃんの父親「カイ」(23歳)が生まれた1993年以来23年ぶり。生後1週間がたち、母親の「モモ」(同)と共に元気に過ごしているという。

母親のモモ(右)に寄り添われ、愛らしい表情を見せるゴマフアザラシの赤ちゃん


 同園によると、赤ちゃんは20日早朝に生まれた。現在の体長は約70~80センチ、体重は12、13キロとみられる。性別は分かっていない。

 赤ちゃんはモモに寄り添いながら、順調に成長。モモも授乳をするなどして、子育てに励んでいる。

 現在は真っ白な産毛だが、生後1カ月ほどで大人の毛に生え替わり、離乳するという。

 担当飼育展示係の杉本加奈子さんは「アザラシの繁殖は難しいといわれ、無事に出産して一安心。無事の成長が次の課題。見守っていきたい」としている。

 一般公開は新年度開園日の4月29日を予定している。

 同園のアザラシは3頭になった。母親のモモは野生由来で、広尾海洋水族科学館(広尾町)から2003年に同園に移動した。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
19日の十勝の天気
最高気温
11℃
最低気温
0℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み