HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP対策説明 道内は継続的に 農水大臣政務官
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP対策説明 道内は継続的に 農水大臣政務官

  • 2016年1月19日 13時18分

酪畜分科会でTPP対策を説明する農水省の担当者ら

 【札幌】農水省は18日、環太平洋連携協定(TPP)関連政策大綱を踏まえた農林水産分野の「農政新時代キャラバン北海道ブロック説明会」を、札幌市内の自治労会館で開いた。

 道内各市町村の農政担当者や農林水産関連の企業、団体関係者など約380人が参加した。

 佐藤英道農水大臣政務官のあいさつに続き、同省担当者が2015年度農水関係補正予算の概要やTPP関連対策、生産額への影響などについて説明。「水田・畑作及び園芸」と「酪畜」の各分科会も開かれた。

 佐藤政務官は「北海道は農水事業における一大生産地でもあり、土地改良事業や個別品目について具体的な説明を継続していきたい」と述べた。

 近く帯広や釧路、函館、旭川など道内各地でも説明会を開く予定。
(浅利圭一郎)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
17日の十勝の天気
最高気温
-1℃
最低気温
-11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み