HOME 十勝毎日新聞社ニュース 山崎氏「道に危機感がない」 TPPでただす 道議会予特委
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

山崎氏「道に危機感がない」 TPPでただす 道議会予特委

  • 2015年12月8日 13時47分

 【札幌】道議会予算特別委員会の総合政策部所管審査が7日開かれ、山崎泉氏(北海道結志会)=帯広市区=は環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意について「北海道に大きな影響を与える懸念があるのに危機感が感じられない。1次産業をどう守るのか」と道の姿勢をただした。

 道は再生産可能になる対策や財源の確保などを国に要請してきた経緯を改めて説明し、政府の大綱に要請内容が盛り込まれた点を強調。平野正明政策局長は「道自らも担い手育成確保、生産基盤の整備促進など持続的に発展していくための取り組みが重要」と述べた。

 また、道は1次産業以外にも影響があるとして、窪田毅総合政策部長は「道内の企業活動や道民生活にまで幅広く及ぶことから、国から示されるさまざまな施策を活用し地域経済が発展するよう取り組む」と述べた。(道下恵次)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
24日の十勝の天気
最高気温
4℃
最低気温
-6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み