HOME 十勝毎日新聞社ニュース クリスマスは冬のマンゴー 音更のハウスから首都圏へ
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

クリスマスは冬のマンゴー 音更のハウスから首都圏へ

  • 2015年11月25日 13時48分

 冬に収穫するマンゴー「白銀の太陽」の出荷作業が25日、音更町で始まった。赤く色付いたマンゴーは、クリスマス時期に合わせ首都圏などで販売される。

丁寧に梱包(こんぽう)され、首都圏などに出荷されるマンゴー


 マンゴーは、経済人らでつくるノラワークスジャパン(帯広、中川裕之社長)が2010年から音更町内のビニールハウスで栽培している。

 収穫は今月上旬から行い、昨年より500個多い2300個を収穫する予定。首都圏の百貨店のほか、今年は果物販売の老舗「千疋屋」(東京)にも初めて出荷する。季節外れのマンゴーは付加価値が高く贈答用に人気で、1個5万円の値が付くこともあるという。

 実の大きさや糖度などを測り、丁寧に箱詰めして出荷している。中川社長は「今年は糖度も高く、昨年同様に出来がいい」と話す。

 国内産マンゴーは通常、夏に収穫される。貯蔵した雪を活用して夏に土壌を冷やし、冬は温泉熱などで暖めることでビニールハウス内の季節を逆転させ、この時期の収穫を可能にした。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
12℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み