HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP~長期的な農業対策を 知事、飛田会長ら農水相に要請
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP~長期的な農業対策を 知事、飛田会長ら農水相に要請

  • 2015年11月7日 13時36分

森山大臣(右から2人目)に要請した高橋知事(同3人目)、飛田会長(中央)

 【東京】高橋はるみ道知事、飛田稔章JA道中央会会長らは6日、森山裕農林水産大臣らと会い、環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意を受けた対策を要請した。

 遠藤連道議会議長、川崎一好北海道漁業協同組合連合会代表理事会長と要請書を渡し、経営安定対策や競争力強化策を求めた。高橋知事は「広大な北海道は地域特性が異なり、酪農、畜産分野が最も懸念される。関税は段階的に引き下げられるので、安定的、長期的な措置を」と訴えた。

 飛田会長は「北海道の畜産は米豪と競合するホルスタイン雄が多い。影響なく再生産できる対策を」と要望。川崎会長も長期的展望を持った対策を求めた。

 森山大臣は11月下旬の北海道入りを検討していると明かし、「総理から生産者の不安に寄り添った対策を、との指示を受けている。輪作体系を守る対策を取りたい」と話した。(原山知寿子)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
29日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み