HOME 十勝毎日新聞社ニュース 農業続けられる環境に TPP対応方針 道JAグループ
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

農業続けられる環境に TPP対応方針 道JAグループ

  • 2015年10月31日 13時10分

 【札幌】道農協基本農政対策本部は30日、環太平洋連携協定(TPP)大筋合意を踏まえたJAグループ北海道の対応方針を発表した。

 大筋合意に対する対応方針について十勝をはじめ各地区からの意見も集約した。この中で、十勝からは国会決議の整合性と説明責任、経営所得安定対策などの恒久対策や構造改革対策を求める意見が相次いだ。

 対応方針では継続できる農業環境を全力でつくり上げることを基本的な考えとし、まずは国に対しTPP合意に関連した説明責任を追及する。合意内容の検証と対策を整理し、政府、国会に要請した上で、国産農産物への支持と信頼を高めていくことを掲げている。

 11月5日に道内の全108JA代表者らと与党国会議員との意見交換を行い、北海道農業への対策を訴える。また同11日に開かれるJA北海道大会でTPPに関連する特別決議を採択する。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
26日の十勝の天気
最高気温
24℃
最低気温
10℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み