HOME 十勝毎日新聞社ニュース 帯広 4月に真夏日30.5度 全国2番目の暑さ
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

帯広 4月に真夏日30.5度 全国2番目の暑さ

  • 2015年4月27日 13時39分

咲き始めたツツジの花を背に水遊びに興じる子供たち(帯広市東9南9のかしわ公園)

 【十勝】十勝地方は27日、南から暖かい空気が入り込んだことに加え、山越えの空気が吹き下りて気温が高くなるフェーン現象の影響もあり、午後0時半現在、帯広で30.5度など19観測地点中3地点で30度以上の真夏日を記録。帯広は同時点で、福島県浪江町の31.2度に次いで全国2番目の高温だった。

 陽気に誘われ、25日に通水が始まったばかりの帯広市内の公園などでは、子供たちが元気に水遊びを楽しむ姿が見られた。

 帯広測候所によると、同時点のその他の地点の最高気温は池田30.3度、幕別町糠内30.2度、更別29.6度など。池田は同時点で全国3番目、糠内は同4番目の暑さだった。また、豊頃町大津を除く18地点で25度以上の夏日となった。更別、帯広空港、広尾では4月の観測史上1位を更新、帯広は同2位の記録。

 27日は前日からの高温の影響が残り、朝の最低気温も下がらない地点が多かった。陸別14.8度、音更町駒場11.7度など5地点で、4月の最低気温の最高値を更新した。

 28日は暑さが弱まるものの、帯広の最高気温は平年より3.1度高い18度まで上がる見込み。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
12℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み