HOME 十勝毎日新聞社ニュース 清流に悠々236匹 歴舟川鯉のぼり
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

清流に悠々236匹 歴舟川鯉のぼり

  • 2015年4月17日 13時39分

元気に泳ぐ、迫力あるこいのぼりに大喜びの園児たち

 【大樹】色とりどりのこいのぼりが大樹の空を彩る「歴舟川清流鯉(こい)のぼり」(町、町観光協会主催)が17日、大樹橋上流側で始まった。国道236号に合わせた236匹が風に乗り、元気に泳いでいる。5月6日まで。

 町が誇る日本一の清流との共演は大樹の春の風物詩。今年で25回目を迎えた。

 この日は午前9時から同協会会員ら15人が作業を開始。手がかじかむ寒さの中、こいのぼりをワイヤにつないで約180メートルの川幅いっぱいに“放流”した。

 河川敷にも100匹のこいのぼりが登場した。見学した大樹北保育園年長組の園児18人は元気に泳ぐこいのぼりに飛び付くなどして大はしゃぎ。西岡彩琶(いろは)ちゃん(5)は「大好きなピンク色のこいのぼりをつかまえられた」と笑顔で話した。5月5日の「こどもの日」には同会場でイベントを行う。問い合わせは同協会事務局(01558・6・2114、町商工観光課内)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
14℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み