HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP即時撤退を 反対集会に400人 全十勝地区農民連盟
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP即時撤退を 反対集会に400人 全十勝地区農民連盟

  • 2015年3月18日 13時29分

TPP交渉からの即時撤退を訴えた全十勝地区農民連盟の集会

 全十勝地区農民連盟(西原正行委員長)は18日午前11時、帯広市中央公園北側広場で環太平洋連携協定(TPP)交渉からの即時撤退を求める集会を開催した。主催者発表で管内農家ら約400人が集まり、TPP参加への反対を訴えた。

 TPP交渉が大詰めとの情報もある中、道農民連盟の各地域の組織が13~21日に十勝の他、北見、空知、上川の道内4カ所で同様の集会を開いている。22日には札幌市内で全道規模の集会を開く。

 集会で西原委員長は「TPPが締結すれば、われわれの生活基盤は崩れる。政府は地方創生と言っているが、このままの政策を進めれば、地方は一部の資本家のものになってしまう」と改めて危機感を表明。「農業を悪い方向に変えてしまうTPPに、農家が何も言わないのは恥ずかしい。反対の動きを広め、自分たちの意見をぶつけていく必要がある」と呼び掛けた。

 協力する団体として参加したJA道中央会帯広支所の植田尚典支所長も「農業団体の意見を聞かないで一方的にTPP交渉しているのは、日本だけ。政府に交渉の現状を公開してもらえるよう、手を結んで頑張ろう」と述べた。

 最後にTPP交渉からの即時脱退を求める決議を採択し、参加者は「頑張ろう」の三唱でTPP反対への決意を新たにした。(眞尾敦)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
24日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み