HOME 十勝毎日新聞社ニュース 中小乳業に道産需要 MMJ生乳集荷
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

中小乳業に道産需要 MMJ生乳集荷

  • 2015年3月14日 13時51分

 【十勝】十勝管内の2酪農家が昨年4月と今年2月、ホクレンの集荷を離れ、独立系の生乳卸会社MMJ(ミルクマーケットジャパン、群馬県伊勢崎市、茂木修一社長)に生乳を出荷している。ほぼ100%ホクレンの「一元集荷」だった十勝では異例の事態で、関係者の注目を集めている。2月下旬、帯広畜産大学の仙北谷康教授(農業経済)の視察に合わせてMMJ本社を訪れ、同社が北海道でなぜ生乳を集めるのかなどを探った。

群馬県前橋市のMMJ井上副社長の牧場から運ばれる生乳

 「十勝の生乳がどの乳業会社に売られているかは、明かすことができない」。MMJ本社で「十勝牛乳」と書かれた1リットルパックのパッケージを見せてもらったが、生乳の行方については同社側からくぎを刺された。

 同社が十勝で集めた生乳は苫小牧港から直接、関西方面に送られる。パッケージには、東海地方に本社を置く中小乳業メーカーの名が書かれていた。

 後にその乳業に電話すると「まだ2月に販売を始めたばかりで、関連する会社や酪農家に圧力がかかるかもしれない」と、社長が名前を伏せる理由を語った。

 この乳業の「十勝牛乳」は、1日1200~2400パックを大阪に出荷する。社長は「東海酪連(農協系)から仕入れている生乳は毎年、前年比減だ。生産が減っているので仕方ないが、経営者として黙って売り上げ減の計画は立てられない」と話す。

 飲用牛乳の消費は全国的に減少傾向とされるが、府県では需要減以上に生産量が減り、生乳確保に苦労する中小乳業が出ている。仕入れ減を補う対策としてこの乳業が取った対策が、MMJとの取引という訳だ。

 この乳業は2002年のMMJ設立直後から取引があり、関東や東北の酪農家の生乳を仕入れていた。しかし、「府県はどこも生産減。国内の半分以上を生産する北海道から集めなければ安定しない」(乳業社長)と、道産牛乳の確保をMMJに要望したという。

 MMJの茂木社長はもともと、肉牛(乳用種雄)の育成農家。「専門外」の生乳卸を始めた背景には、複雑な関東の乳価制度がある。

 現在、関東で生乳を集める農協系団体は関東生乳販連(東京)だが、2000年まで県ごとに団体があり、その名残で今も県によって乳価が異なる。群馬県内は隣接する埼玉県より乳価が低いため、群馬の酪農家5人が農協出荷を離れることを決め、茂木氏に相談。以前にも酪農家から頼まれて県外の乳業に生乳を運んだ経験があった茂木氏がMMJを設立した。

 MMJ設立者の1人の井上信行副社長も、群馬と埼玉で酪農を営み、群馬は農協外に、埼玉は乳価が高い農協に出荷するなど、道内では考えられない体制を取っている。

 MMJが全国約50の酪農家から集める生乳は現在、1日約100トンで、うち約20トンが十勝から。社長、副社長と、仙北谷教授の教え子で帯畜大卒の社員の計3人で実質的に運営し、本社は事務所と検査設備のみだ。

 4月には根室管内別海町から4戸が新たに加わる予定だが、流通面の整備も時間がかかるため、今後も道内で集荷を広げるには課題もあるようだ。

 MMJは加工用に販売しておらず、仙北谷教授は「飲用のみで難しい面はあるか」と質問。茂木社長は「飲用の需要が下がったときは、価格を下げて売る」とし、あくまで農家からは契約価格で買い取った上で、売り切ると説明した。

 ただ、極端に需要が減った2006年の「生産調整」時は、MMJでは農家から買い取った後で生乳の廃棄もあったという。現在、需給調整機能も含め、操業停止した県内の乳業の施設を使った加工への進出も検討している。

■「集荷は増加」 加工進出検討
 茂木社長は「(生乳の販売用途を農協系団体が決める)委託販売と異なり、MMJは(価格が決まっている)庭先買い取り。生産調整など、酪農情勢に何か変化があるたびに集荷が増えている」と強調する。

 仙北谷教授は農協も含めた生乳流通の仕組みについて「需給が逼迫(ひっぱく)している中で、今までと同じ方法で良いのか」と疑問を呈しつつ、MMJも流通量が多くなると「加工など需給調整の方法は課題になってくる」と話した。

<生乳流通の仕組み>
 全国9の指定生産者団体(北海道はホクレン)が、全国の約97%の生乳を集荷する(沖縄除く)。残りは農協外が集荷するが、ほとんどは自ら乳製品を作る会社。MMJのような卸専門会社は極めて珍しい。農協系は価格の高い飲用、安い加工用などを含めた平均乳価(北海道は1キロ90円弱)から運送料、消費拡大費などが引かれる。MMJは全て飲用で、諸費用があらかじめ引かれた100円前後の手取り乳価で契約となる。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
25℃
最低気温
14℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み