HOME 十勝毎日新聞社ニュース パラシュート十分開かず 隊員にけがなし 陸自降下訓練
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

パラシュート十分開かず 隊員にけがなし 陸自降下訓練

  • 2015年2月11日 13時35分

 【鹿追】11日午前9時15分ごろ、鹿追乳牛育成牧場で行われていた陸上自衛隊第1空挺団(千葉県船橋市、習志野駐屯地)の降下訓練で、隊員1人のパラシュートが十分に開かないまま降下した。陸自第5旅団(帯広)広報班によると、隊員にけがはなく、訓練は続行した。

 訓練は9、10の両日、同牧場で行われる予定だったが、両日とも強風と雪のため中止になり、予備日の11日朝から行っていた。隊員約170人が参加し、高度約340メートルを飛行するヘリコプターから降下する訓練中だった。近くで見学していた男性(53)は「何度も見ているが、普通の速度じゃなかった。膝ぐらいまで雪が積もっていたからけががなかったのだろうか」と驚いていた。

 同団は2008年から毎年、管内の民有地や公有地で積雪地演習を行っている。09年に芽室町内で行った訓練では、ヘリコプターから飛び出した隊員が上空で宙づりになる事故があった。12年に同牧場で行った訓練の際には、隊員2人が降下予定地点を約1キロ離れた牧場(民有地)に着地するトラブルがあった。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
28日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
12℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み