HOME 十勝毎日新聞社ニュース 人気の景観 十勝牧場シラカバ並木を更新
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

人気の景観 十勝牧場シラカバ並木を更新

  • 2014年11月16日 14時07分

伐採が行われている十勝牧場のシラカバ並木

 【音更】寿命で傷みが目立ち、将来の存続が危ぶまれていた家畜改良センター十勝牧場(音更町駒場並木)入り口のシラカバ並木を更新する作業が始まった。約10年をかけて全体の7割に相当する472本(うち15本はナナカマドなど他の樹種)を伐採し、苗木を植樹する。北国を象徴する景観とスケールの大きさから人気のある観光スポットを次世代へ引き継ぐ。

 更新作業は十勝川温泉観光協会、町、同牧場の3者が取り組んでいる。シラカバの木は、一部ナナカマドなどを含めて並木道約1.3キロの両側に661本あり、美しい景観から映画やテレビ番組のロケにも使われている。

 同協会の委託調査では、樹齢は寿命の40年を超え、50~80年に達している。ただ、シラカバは個体差があり、100年ほど生きる例もあり、幹の傷みや枯れ枝など総合的に見極め、186本を存続できると判断した。

 更新では植樹する苗木が日陰にならないよう既存木を含めて7.5メートル間隔で植え、苗木は150本の植栽を予定している。

 今年度の伐採作業は12日から始まり、老朽化が進んでいる7本と入り口から最も奥の北側39本の合わせて46本を伐採し、このうち植樹に支障のある25本を抜根する。

 シラカバの樹高は最大で23メートル。作業を受託した町内の阿部造園では高所作業車を使って枝を切り落とした後、幹を何回かに分けて裁断。並木道は作業中も交通止めにせず、道路側へ倒れないよう幹にロープをかけて慎重に作業を進めている。伐採は22日までに終え、25日に苗木を植樹する予定。

 阿部造園の担当者は「幹の内部が虫に食われ、空洞になったものもある。よくぞここまで持ちこたえた」と話していた。家畜改良センター十勝牧場では伐採した樹木の活用方法を検討しているが「シラカバは木質が軟らかく、活用が難しい」と話している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
23℃
最低気温
14℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み