HOME 十勝毎日新聞社ニュース 「タラコ色」2連で復活 日本一運行時間長い普通列車
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

「タラコ色」2連で復活 日本一運行時間長い普通列車

  • 2014年8月28日 13時59分

30日に限定運行する朱色車両

 【十勝】「日本一運行時間が長い定期普通列車」として、鉄道ファンに人気のJR根室線の滝川-釧路間を走る列車「2429D」が30日、旧国鉄色の朱色(通称「タラコ色」)の車両2両編成により1日限定で復活、運行される。

 2429Dは滝川午前9時36分発、釧路午後6時3分着の列車で、308.4キロを8時間27分かけて走る。今年3月までは毎月第4土曜日に朱色車両2両編成で運行していたが、車両繰りの関係などで廃止。今回、鉄道愛好家からの要望が高まっていたことから復活させる。朱色車両はJR北海道釧路支社管内に3両あり、毎日いずれかの路線で使用されているが、2両連結で走るのは珍しい。

 帯広駅には午後2時13分に到着し、同2時35分に出発する。また、滝川から釧路まで乗車した人には完全乗車証明書の発行もある。問い合わせはJR北海道釧路支社販売グループ(0154・25・1683)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
1℃
最低気温
-6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み