HOME 十勝毎日新聞社ニュース 生産日本一の枝豆収穫 出来は良好
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

生産日本一の枝豆収穫 出来は良好

  • 2014年8月25日 13時59分

大型コンバインで収穫され、トラックの荷台に移される枝豆(中札内村協和の田中さんの畑で)

 【中札内】日本一の枝豆生産地として知られる中札内村で25日、枝豆の収穫作業が始まった。昨年より3日早い。収量は平年並みの3800トンを見込んでいる。

 JA中札内村(山本勝博組合長)によると、今年は村内の農家100戸が昨年より20ヘクタール多い計350ヘクタールを作付けた。枝豆は大豆が熟す前に緑色の状態のまま刈り取らなければならず、同JAはフランス製の大型コンバイン3台を24時間態勢で稼働させ、短時間で作業を進める。作業は9月15日ごろまでに終える予定。

 初日午前中は協和東3線の田中伸和さん(37)の畑4ヘクタールで収穫が始まり、鮮やかな緑色の枝豆が次々とトラックに積み込まれた。

 夏の長雨の影響で変形や空ざやがあるものの、山本組合長は「寒暖の差が激しかった分、甘みが強く、味は例年以上にいい」と話している。中札内村の枝豆は、米国やロシア、シンガポール、香港、ドバイ、オーストラリアなど海外へも販路を拡大している。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
1℃
最低気温
-6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み