HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPPから地域守る 丸谷会長を再任
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPPから地域守る 丸谷会長を再任

  • 2014年4月26日 13時11分

「消費者団体が存在感の発揮を」とあいさつする丸谷会長

 十勝消費者協会連合会(加盟=管内12協会)の2014年度定例総会が23日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。任期満了に伴う役員改選では、帯広消費者協会の丸谷誠会長を再任した。

 37人が出席。丸谷会長はTPP(環太平洋連携協定)交渉や昨年度の消費者被害の状況などに触れ、「消費者を取り巻く環境は今後ますます厳しくなることが予想される。われわれ消費者団体が存在感を発揮して声を上げていかなければならない」とあいさつ。来賓の長谷山英嗣十勝総合振興局環境福祉長が祝辞を述べた。

 今年度事業計画では、「TPP交渉等から十勝地域を守る活動の推進」「『食』の安全基準や『環境』影響にかかわる正確な情報の発信と賢い消費者啓発の推進」など11項目を決めた。

 役員改選では、嶋山亮二(芽室消費者協会会長)、矢部志保子(本別消費者協会会長)両副会長を再任。監事には福原仁子さん(浦幌消費者協会会長)、岡田雅則さん(幕別町消費者協会事務局長)を選出した。(澤村真理子)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
20日の十勝の天気
最高気温
1℃
最低気温
-5℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み