HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP脱退求め地域の声中央に 芽室農民連盟総会
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP脱退求め地域の声中央に 芽室農民連盟総会

  • 2014年4月10日 14時02分

「地域の声を中央に」とあいさつする堀井委員長

 【芽室】芽室町農民連盟(堀井弘己執行委員長)の定期総会が8日、JAめむろで開かれた。

 代議員87人が出席。堀井委員長は「日豪EPA(経済連携協定)での牛肉関税引き下げのように、TPP(環太平洋連携協定)交渉でも重要品目の関税もなし崩し的になる可能性もある。地域の声を中央に届けていきたい」とあいさつ。宮西義憲町長、道農連の山田富士雄委員長(全十勝地区農民連盟委員長)らが祝辞を述べた。

 今年度の運動方針のうち、具体的要求事項として「乳製品、牛肉・豚肉などの関税撤廃阻止」「TPP交渉断固阻止、即時脱退」「再生産と所得を確保する畑作政策の確立」などを決めた。また、「家族農業をつぶすTPP交渉即時脱退、『真の農政改革』実現を求める特別決議」を行った。(大谷健人)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
15日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み