HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPPは危険運動に総力を JA道中央会総会
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPPは危険運動に総力を JA道中央会総会

  • 2014年3月13日 13時36分

 【札幌】JA北海道中央会(飛田稔章会長)の第60回通常総会と全道農業協同組合長会議が13日午前、札幌市内で開かれた。同会議では「TPP(環太平洋連携協定)等国際貿易交渉から北海道を守り抜く」決議が提案され、全会一致で採択した。

 約200人が出席。飛田会長はあいさつで「『TPPは危険な協定』との基本認識に立ち、国民世論形成に向けた運動を総力を挙げて行う。農協改革に対しては本道の実態を強く主張していく」と決意を述べた。議事では2014年度の重点取り組み事項として、新たな農畜産物貿易ルール確立に向けた運動の展開など6項目を確認した。

 農協功労者の表彰も行われ、十勝関係ではJA陸別町の西岡悦夫組合長、JA鹿追町の國島新一専務理事、JA十勝池田町の藤田千景常務理事ほか、JAさらべつの安村敏博参事が表彰された。(犬飼裕一)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
22日の十勝の天気
最高気温
25℃
最低気温
18℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み