HOME 十勝毎日新聞社ニュース 光と音の幻想 「彩凛華」始動
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

光と音の幻想 「彩凛華」始動

  • 2014年1月25日 13時41分

彩凛華のプレオープン。三角すい形の照明が音楽に合わせて変化する様子をバックに笑顔で記念撮影する出席者

 【音更】町十勝川温泉地区で厳冬期の風物詩となっている「第23回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(同実行委主催)が25日午後7時、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。3月2日まで光と音によるショーが繰り広げられる。

 今回は昨年末までに、大小合わせて290個の三角すい形照明や、16個の球体型照明などの設営を完了。降雪があれば配線などが雪の下に隠れる形になるが、雪がないため、当面は照明エリアへの立ち入りを制限する形で実施する。

 24日午後6時からは、関係者向けプレオープンが行われ、主催者代表で町十勝川温泉観光協会の黒川吉一副会長が「彩凛華をオール北海道の取り組みとするため、温かい支援をお願いしたい」とあいさつ。出席者は一足早く発光ダイオード(LED)照明の七色と音楽のショーを楽しんだ。

 この他、会場では光のトンネルと動物のオブジェを設置した。時間は午後7時~同9時。問い合わせは同観光協会(0155・32・6633)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
26日の十勝の天気
最高気温
7℃
最低気温
-4℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み