HOME 十勝毎日新聞社ニュース 幕別で25日に「TPP考えるつどい」
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

幕別で25日に「TPP考えるつどい」

  • 2014年1月15日 13時00分

 【幕別】食の安全・安心と農業をテーマにした「TPP(環太平洋連携協定)を考える幕別集会」が、25日午後3時から町百年記念ホールで開かれる。JA全国中央会副会長、JA道中央会会長の飛田稔章氏(JA幕別町組合長)らが、講演。主催者側は「全十勝からの参加で、800人規模の集会にしたい」としている。

 幕別町内の農業関連団体や企業などで構成する「ゆとりみらい21推進協議会」(会長・萬代善己JA幕別町参事)が主催。講師は飛田氏と、帯広畜産大学名誉教授の中野益男氏。

 十勝管内の92団体に既に参加を呼び掛けており、同協議会事務局は「TPP交渉が来月にも再び動きだすといわれる中、時期的にもタイムリー。食品の安全性も含め、TPPが与える影響の最新情報を学ぶ機会にしたい」としている。

 参加無料で、来場者全員に幕別産メークイン1袋を進呈する。午後4時半終了予定。同2時15分に、札内支所出発で同ホールまでの無料バスを運行する(帰りは集会終了次第)。

 問い合わせは事務局(0155・54・6605)へ。(佐藤いづみ)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
26日の十勝の天気
最高気温
15℃
最低気温
4℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み