HOME 十勝毎日新聞社ニュース 過去最高2900本アイスワイン発売
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

過去最高2900本アイスワイン発売

  • 2013年12月19日 13時58分

20日に発売される「山幸アイスワイン2012」とリニューアルした「シルフィー」(右から)

 【池田】町ブドウ・ブドウ酒研究所は20日、厳寒期に収穫したブドウで醸造した「十勝ワイン 山幸アイスワイン2012」と甘味果実酒「シルフィー」のリニューアル商品を発売する。アイスワインはこれまで最高の2900本を製造し、全道で販売する。

 山幸アイスワインは、醸造用ブドウ「山幸」を樹上で乾燥凍結させ、糖度が増した状態で収穫する。通常のワインと比べ、少量しか造れないが、濃厚な甘さを持つぜいたくなワインとして人気を集めている

 2012年ものは、同年産の山幸の収穫量が多かったため製造本数を大幅に増やした。同年はブドウの良作年で「山幸独特の酸味や渋みが抑えられ、滑らかな味に仕上がっている」としている。200ミリリットル入り、4200円。

 シルフィーは、白ワインにブランデーを加えて加熱後、熟成させた。アルコール度数が17度と高く、食前酒として親しまれている。今回、720ミリリットル入り(価格1200円)から500ミリリットル入り(同1050円)へ量を減らし、値段も下げた。リニューアルに伴いたるで5年間熟成させ、マイルドな味に仕上げた。問い合わせは同研究所(015・572・4090)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
3℃
最低気温
-2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み