HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP十勝経済への影響は? 道農政部福島主幹が講演
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP十勝経済への影響は? 道農政部福島主幹が講演

  • 2013年11月23日 13時17分

TPPが農業や地域経済に与える影響について説明する福島主幹

 帯広消費者協会(丸谷誠会長)主催の「TPPに係る勉強会」が19日、市内のとかちプラザで開かれた。道農政部農政課政策調整グループの福島卓主幹が「TPPと地域農業・地域経済の関わりについて」をテーマに講演した。

 環太平洋連携協定(TPP)が市民生活に及ぼす影響について、食や農業、経済、医療など多角的な視点から学ぶ連続講座の3回目。約30人が参加した。

 福島主幹は、TPPが農業に与える影響について行った国と道の試算の違いについて説明。農産品の生産額の減少だけではなく、加工や輸送などの関連産業や地域経済への影響も考慮したのが道の試算で、「特に農業が基盤の十勝では、地域経済への影響を理解してほしい」と話した。

 道はTPP交渉のマレーシア会合以降、職員2人を派遣して情報を収集しているが、「報道されているように自由化率について交渉しているかどうかは分からない」という。また、重要5項目に加えアズキなど道の重要品目についても関税撤廃の対象から除外することなどを引き続き国に要請していく方針を示す一方、「TPPがあろうとなかろうと、FTA(自由貿易協定)などの国際経済連携は避けられない。農業もいかにいい物・サービスをつくり出していくかが求められる」と話した。(丹羽恭太)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
24日の十勝の天気
最高気温
24℃
最低気温
14℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み