HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP関連映画も上映 14~16日JA十勝池田町「農業祭」
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP関連映画も上映 14~16日JA十勝池田町「農業祭」

  • 2013年11月12日 13時31分

 【池田】JA十勝池田町主催の「2013池田農業祭」で15、16の両日、環太平洋連携協定(TPP)の問題に理解を深める一環として、ドキュメンタリー映画「モンサントの不自然な食べもの」が上映される。恒例のもちまきは14日午後3時半から同JA本所(町利別本町1)で行われる。

 「モンサントの不自然な食べもの」は、米国に本社を置く世界的なアグロバイオ(農業関連生命工学)企業モンサント社の実態を明らかにしようと製作された。同社は遺伝子組み換え作物の他、PCB、枯れ葉剤、牛成長ホルモンなどを手掛け、環境保護家らは同社の企業活動に疑問を投げ掛けている。上映会場は同JA本所で両日とも午後2時から。入場無料。

 農業祭は14日から16日までの3日間、同JA本所西側駐車場で行われる。同JA青年部のお汁粉販売、同JA女性部の羊かんなどの加工品販売、いけだ牛即売会などが行われ、野菜即売会ではタマネギのネット詰め放題(500円)もある。初の試みの牛(池田産ホルスタイン)の丸焼き(16日午前11時)は1皿100円で提供する。

 もちまきは合わせて600キロをまき、もちの袋に牛乳引換券などが入っている。(平野明)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
27日の十勝の天気
最高気温
15℃
最低気温
11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み