HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP即時撤退を 十勝で街宣活動 道農民連盟
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP即時撤退を 十勝で街宣活動 道農民連盟

  • 2013年11月3日 13時35分

TPP交渉からの即時撤退を訴える山田委員長(左)

 北海道農民連盟(委員長・山田富士雄全十勝地区農民連盟委員長)は2日、環太平洋連携協定(TPP)からの即時撤退を求め、JR帯広駅前で街頭宣伝活動を行った。

 TPP交渉が年内妥結を目指して進み、政府・自民党が農産品重要5項目の関税撤廃の影響を検証するなどの状況を受け、改めてTPPの危険性を周知し即時撤退を訴えることが目的。10月28日から11月2日まで、道内の主要農業地帯の空知、上川、北見を回り、最後に十勝の各市町村を街宣カーで訪れた。

 JR帯広駅では正午から、山田委員長も参加し、チラシやティッシュ、ジャガイモ配布などを行った。民主党十勝の池本柳次代表代行、民主党帯広の三津丈夫代表も参加し、TPP交渉からの即時撤退や農産物の重要5項目と小豆などいわゆる「聖域」を守るよう訴えた。

 山田委員長は「TPPで世界のルールがつくられるかのように錯覚させられているが違う。食料自給率が40%にも満たないのに、これ以上下がったら国として食料を確保できない。重要5項目と雑豆などの関税を撤廃してはならない」と呼び掛けた。(眞尾敦)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
27日の十勝の天気
最高気温
22℃
最低気温
10℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み