HOME 十勝毎日新聞社ニュース まちの魅力CDに
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

まちの魅力CDに

2013年06月22日 13時42分

 【士幌】士幌町商工会青年部の活動応援や町のPRなどを行う「ジャガイモンプロジェクト」(川崎康代表)が精力的に活動している。プロジェクトのゆるキャラ「しほろっち戦隊シホロンファイブ」がツイッターを通じて情報を発信し、士幌の知名度向上に一役買っている。著名な作詞家などの協力でゆるキャラの公式ソングが作られ、CDも販売。プロジェクトのメンバーは、士幌の魅力発信に一層の意欲を見せている。

CDとジャガイモンを手にする川崎代表

 同プロジェクトは2011年6月、町商工会青年部の活動を広く周知しようと、町民有志が設立。ゆるキャラのジャガイモン、キャロリーナ、タマネギン、トマーニョ、アスパランの5人で構成する「しほろっち戦隊シホロンファイブ」が、ツイッターで同部によるイベントなど活動内容や町の出来事、様子をつぶやいている。

 中心となっているジャガイモンは現在2万7000人以上のフォロワー(フォローしている人)がおり、大リーガーの松坂大輔投手や元F1レーサーの鈴木亜久里さん、狂言師の和泉元彌さんなど幅広い世界の著名人からも公認を得ている。

 公式ソングは昨年4月、ジャガイモンが「曲を作りたい」とつぶやいたところ、賛同者が現れたことから制作を決めた。作詞はバーチャルアイドル「初音ミク」の楽曲にも関わるエンドケイプさん(関東)、作曲はCM音楽などを手掛ける矢神亜希丸さん(広島)、編曲はゲーム音楽などを作っているお湯たまさん(東京)、歌は札幌出身のシンガー・ソングライター五ノ井ひかりさん(東京)が担当。川崎代表は「それぞれの世界で名の通った人たちで、かなり豪華なメンバー」と話す。

 今年2月に完成した「行け!シホロンファイブ」は軽快な曲調で、詞にはしほろっち戦隊シホロンファイブの他、士幌を象徴する牛や町の環境などの言葉もある。曲を聴いた川崎代表は「涙が出そうになるほど感動した」という。

 当初はCD販売は予定していなかったが、同部のホームページ(HP)にアップしたところ、「すごいね」「CDにしたら」と反響があり、今月7日から販売。川崎代表は「曲を通じて広く士幌のことを知ってほしい」と購入を呼び掛けている。

 1枚500円で、1枚ごとに付くシリアルナンバーが3の倍数だとCDジャケットが通常版と異なる限定版を手に入れることができる。HP(http://shihoro.net/yma/?page_id=10703)で申し込みを受け付けている。


◇「行け!シホロンファイブ」(一部)

ミドリ豊かで 平和愛する士幌

ジゴロじゃないよ シホロと呼んでね



そんな士幌に 舞い降りたゆる戦士

土地を愛する 野菜の戦士



イモもイロイロ ジャガイモン

一致団結 士幌のために さぁ立ち上がるんだ!



行くぞ5人で 捨て身ステマ

ゆるく攻めるぞ ゆるキャラだけに

思い出残る 野菜の味

実は牛も 有名なのです

見た目地味なの ジャガイモン

相手油断させる シホロンファイブ

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
21℃
最低気温
12℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み