HOME 十勝毎日新聞社ニュース 道路にネコの顔
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

道路にネコの顔

2013年04月16日 14時04分

ネコの顔のように見えるレリーフ状の盛り上がり(手前)と茂古沼さん夫妻

 帯広市公園東町3の歩道(グリーンプラザ駐車場北東角から道路を挟んで北側)に、ネコの顔のような形をしたレリーフ状の盛り上がりがあり、近くの住民や、この道を通学路にしている子供たちの間で話題になっている。

 「ネコの顔」は歩道の中央と端におよそ1.5メートルほど離れて2つあり、直径は十数センチ。コンクリートで作られたとみられる。年数がたって劣化したのか、表面がざらざらしている。近所に住む茂古沼清さん(77)、典子さん(73)夫妻によると、少なくとも10年以上前からあり、買い物や散歩で通るたび、踏まないように気を付けているという。

 茂古沼さん夫妻はこの地域に住んで30年以上。「誰が何のために作ったか分からない。(歩道の)工事をした人が遊び心で残したのでは」(典子さん)と推測している。

 「ネコの顔」に関する情報があれば、十勝毎日新聞社編集局まちマイ取材班(0155・22・2121)まで連絡を。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
16℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み