HOME 十勝毎日新聞社ニュース 小麦をアニメ化、ユーチューブ公開
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

小麦をアニメ化、ユーチューブ公開

2013年01月16日 13時47分

 【音更】札幌在住のパンコーディネーターやもとかおるさんが、音更産小麦を題材にしたアニメーション「こむぎのうた」を制作し、動画サイト「ユーチューブ」で公開している。音更出身のシンガーソングライター流(ながれ)さんの歌に合わせて小麦の成長、収穫や出荷後パンや麺に活用される様子を成長物語風に表現。地元生産者らもキャラクターとして登場し、全国一の小麦産地を楽しく表現している。

音更の小麦を題材にしたアニメーションを制作したやもとさん

 やもとさんは福井県出身。大学進学と同時に札幌に移り住み、現在は撮影、デザインのスタジオを営む。パン好きが高じて4年前のブログ開設を機に、パン店や小麦畑の関連情報を取材、発信している。日本パンコーディネーター協会公認のパンコーディネーター資格も取得した。

 小麦の一大産地の十勝に強い関心を寄せ、帯広で開かれたベーカリーキャンプも取材で訪問。音更で開かれた小麦を楽しむ「麦感祭」(昨年8月)で生産者の熱意や取り組みに感動。撮り集めた写真をインターネット上で紹介している。イラストの経験はないが、「関係者が思い浮かび続け」、年始の1週間ほどで一気に作った。

 流さんの「音更小麦学校 旅立ちの歌」に合わせた10分間ほどの内容。複数の地元生産者や流さん、寺山憲二町長そっくりのキャラクターが次々と登場し、楽しませる。

 十勝総合振興局などが2月9日にとかちプラザで開く「十勝産小麦セミナー」では、「パンが好き〜十勝の小麦に期待すること」と題して講演する予定。やもとさんは「生産者や関係機関・業者同士のつながりの深さは、十勝ならではの素晴らしい点。アニメを通じて魅力発信のお役に立てれば」と話している。

YouTube(こむぎのうた)で公開中。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
16℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み