HOME 十勝毎日新聞社ニュース 冬のマンゴー5万円なり
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

冬のマンゴー5万円なり

2012年12月21日 13時56分

伊勢丹新宿本店で販売している十勝産マンゴー

 【東京】国内では珍しい冬に収穫された十勝産マンゴーが、伊勢丹新宿本店で販売されている。贈答用で1個5万2500円。

 このマンゴーは、ノラワークスジャパン(帯広市、中川裕之社長)が音更で生産した「白銀の太陽」。

 同店のマンゴーは輸入品が主力だったが、近年は宮崎など国産の需要が増大。九州産の旬は5、6月のため、付加価値のある十勝産の販売を12月中旬に始めた。高級メロンなどと一緒にフルーツ売り場のギフト用コーナーに。冬場に登場した高価格のマンゴーに驚き、足を止める来店者もいる。

 三越伊勢丹フードサービスの遠藤司さんは「十勝のマンゴーは丁寧に作られている。伊勢丹新宿本店はアンテナショップの役割もあり、新しい商品を一番に発信したい」と話す。今後も冬のギフトとして提案する考えという。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
23日の十勝の天気
最高気温
5℃
最低気温
2℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み