HOME 十勝毎日新聞社ニュース TPP利点と不利益は? 広尾町民ら140人学ぶ
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

TPP利点と不利益は? 広尾町民ら140人学ぶ

2012年12月01日 15時41分

木本参事(左)の講話を聞く参加者

 【広尾】国論を二分する環太平洋連携協定(TPP)について学ぶ「TPP問題を考える町民集会」が11月29日、町コミュニティセンターで開かれた。1次産業関係者や一般町民約140人が集まり、関心の高さをうかがわせた。

 町や町議会はすでに国のTPP交渉参加に反対を表明しているが、勉強会はこの問題を客観的に学ぼうと町や町内産業団体など8機関が企画、道総合政策局の木本晃参事が講師を務めた。

 木本参事はスライドを使いながらTPPのメリット、デメリットを解説。「官僚としての私見だが、一度交渉に入ったら途中で抜けるというのは困難ではないか」などとし「広尾のことを考えてくれるのは全国で広尾町民だけ。この問題に関心を持ち、疑問があれば常に発信していくことが必要だ」と呼び掛けた。参加した町内の無職男性(71)は「十勝の農産物は海外産に負けることはないからTPPも恐れることはないと思っていたが、関税以外にも影響があると知った」と話していた。(長田純一)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
26日の十勝の天気
最高気温
7℃
最低気温
-4℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み