HOME 十勝毎日新聞社ニュース 道農政連 TPP党賛成 推薦せず
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

道農政連 TPP党賛成 推薦せず

2012年11月29日 15時33分

3陣営 農業票に意欲
 JAグループ北海道の政治団体「北海道農協政治連盟(道農政連)」の飛田稔章会長(JA道中央会長)が来月の衆院選で、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に明確に反対しない候補者を支援せず、所属政党がTPPに賛成の場合は候補者本人が反対しても推薦や支持をしない考えを示したことに関して、十勝の各候補・陣営は農業票の取り込みに前向きだ。

 飛田会長が札幌市内で開いた26日の記者会見で発言した。十勝地区農協政治連盟はいずれの候補も推薦しないことにしている。

 11区(十勝)で出馬予定の新党大地の前職石川知裕氏(39)、自民党新人の中川郁子氏(53)、共産党新人の渡辺紫氏(64)はいずれも本人がTPP反対を主張。党としては新党大地は「絶対阻止」、自民党は「聖域なき関税撤廃を前提にする限り交渉参加に反対」、共産党は「絶対反対」を掲げる。

 石川知裕合同選挙対策本部の池本柳次幹事長は「石川さんも所属政党(新党大地)も反対しているので当然支持されるべきものと思っている。歩調を合わせていける」と歓迎する。

 中川郁子十勝連合後援会の矢野征男会長は「(道農政連の対応は)農業を守る立場としては当然。中川氏も自民党も反対の立場を訴えていくことには変わりない」と話す。

 渡辺氏は管内JAの反応で「昔は役員分しかパンフレットを渡せなかったが、職員全員に配れたところもある。一貫してTPPに反対する姿勢を取っており、一緒に戦いたい」とする。(衆院選取材班)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
30日の十勝の天気
最高気温
27℃
最低気温
12℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み