HOME 十勝毎日新聞社ニュース 十勝初、家系図の専門会社登場
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

十勝初、家系図の専門会社登場

2012年07月30日 14時13分

 【音更】町内在住の元自衛官松浦波雄さん(54)が8月2日、自宅の一室を事務所に改装し、家系図を専門に作製する「家系図探求社」(町木野大通東)を開業する。松浦さんは「十勝初の専門会社として、戸籍と思い出を重ね合わせ、先祖の思いや努力を未来に受け継ぐ手助けをしたい」と意気込んでいる。

「家族の絆を深めることに役に立ちたい」と各種の家系図を持つ松浦さん

 松浦さんは1993年、行政書士試験に合格。自衛隊を定年退職後の今年6月に登録を申請し、近く開業できる見通しとなり、同時に同社を立ち上げる。個人情報を取り扱うため7月上旬には個人情報保護士の資格も取得した。

 家系図作りを考え始めたきっかけは、帯広出身の妻、恵さん(49)の戸籍を調べたことだった。戸籍をひもとくうちに十勝を開拓した先祖の苦難や努力が垣間見え、「先祖を知る手掛かりを残し、次の世代へとつなげることが必要」と考えた。

 陸上自衛隊第5旅団の自衛官として昨年3月、東日本大震災直後に被災地の宮城県石巻市で行った支援活動も動機になった。人命救助やがれき撤去、物資輸送に当たる中、生きた証しを残せず亡くなった人を目の当たりにし、「いつ来るか分からない死に備えて家族の絆を深めておくことができないか」と考え、開業を決めた。

 松浦さんの家系図作りは、文字だけでなく写真や動画、表で分かりやすく仕上げる点が特徴。戸籍に書かれた複雑な内容を丹念に読み込み、パソコンも駆使する。家計図はガラス、木製、和紙に仕上げる他、家族がお茶の間で気軽に楽しめるように家族史DVDも用意。戸籍の隅々まで把握した親族図、後世へメッセージを残せるエンディングノートなど11種類の関連製品があり、6万9000円からのセット販売とした。

 松浦さんは「依頼者の思い出の写真などをやりとりしながら当時の記憶を呼び起こし、家族の絆を深められるよう多くの人の役に立てれば」と話している。

 詳細はホームページ(http://kazokurekisi.com/)。問い合わせは同社(0155・66・4867)へ。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
25日の十勝の天気
最高気温
18℃
最低気温
1℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み