HOME 十勝毎日新聞社ニュース 南極観測隊員に正式決定
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

南極観測隊員に正式決定

2012年06月30日 14時19分

南極観測隊員に正式決定した遠野さん(左から2人目)と激励する金澤紘一町長(左)ら

 【陸別】石橋建設(陸別町、石橋勉社長)社員の遠野菊夫さん(53)が、第54次南極地域観測隊に参加することが正式に決まった。11月から来年2月まで、南極のドームふじ基地で天文観測施設の建設に携わる。

 遠野さんは2月に隊員候補になり、冬山訓練や健康診断などを経て、今月22日に隊員に正式決定した。11月上旬に空路で南アフリカへ向かい、ロシアの輸送機や雪上車を使って昭和基地から南極点方向へ1000キロの地点にあるドームふじ基地に入る。同基地では赤外線望遠鏡建設計画があり、遠野さんはその観測設備の土台部分の設営を担当する。

 観測隊を派遣する国立極地研究所(東京)から町しばれ技術開発研究所(しばれ研)に要請があり、意欲と技能を持つ遠野さんが選ばれた。同社では土木部重機主任を務め、重機操作はもちろん地山の掘削作業、除雪機械、危険物取扱など多くの免許や資格を持ち、極地の不測の状況にも対応できる技能が評価された。

 陸別からは第53次観測隊に町職員の空井猛壽さんが参加しており、2期連続、3人目の派遣になる。しばれ研の佐藤秀昭所長は「2年連続で陸別から隊員を出せるのは非常にうれしい」と喜び、遠野さんは「観測のための土台を早く建設して次に引き渡すのが役割。確実にミッションをこなしたい」と意気込みを語っている。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
14日の十勝の天気
最高気温
2℃
最低気温
-6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み