HOME 十勝毎日新聞社ニュース 「汚染物質処理にEM菌を」アグリシステムが岩手知事に提案
   | メール配信登録  twitter facebook |

十勝毎日新聞社ニュース

「汚染物質処理にEM菌を」アグリシステムが岩手知事に提案

2011年05月03日 14時38分

達増知事(中央)に提案書を渡す伊藤社長(左)。右は石川議員

 【岩手】豆類集荷選別販売や農産物の有機栽培などを行うアグリシステム(芽室)の伊藤英信社長は2日に岩手県庁を訪れ、東日本大震災で大量に発生したヘドロなどの汚染物質について、微生物を活用した処理方法を提案した。面会した達増拓也知事らは前向きな姿勢を示した。

 津波で陸地に拡散したヘドロや化学物質などが悪臭を放ち復興作業を妨げていることから、伊藤社長はEM菌(有用微生物群)などの活用を提案。EM菌は汚染物質を浄化し、悪臭や腐敗を軽減できると説明した伊藤社長は「噴霧するだけで簡単に使える。水田の塩害対策など農業分野にも期待できる」と語った。

 EM菌を使った処理方法は、被災地の一部自治体で採用する動きがあるという。達増知事は「北海道からの支援はありがたい」、工藤孝男環境生活部長は「山積みになったがれきは悪臭のもとになる可能性がある。試してみて効果を確かめたい」と興味を示していた。

 県庁には、仲介した石川知裕衆院議員も同行した。(池谷智仁)

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
18日の十勝の天気
最高気温
-2℃
最低気温
-13℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み