WEB TOKACHI
十勝毎日新聞社
WEB TOKACHI
Obihiro Tokachi Hokkaido Japan
 日本人のブラジル移住100周年になる今年、節目を祝う記念行事が6月下旬をピークに各地で開かれている。一世が努力して根を張り、信頼を勝ち得た世界最大の日系社会は現在、三世の時代を迎えた。次の1世紀に向けて、両国の懸け橋になる日系人の現状を紹介し、十勝との交流を考える。
第2部
交 流
農業分野に可能性
[2008.07.21]
伝 承
日系社会が希薄化
[2008.07.19]
信 頼
「日本人は保証付き」
[2008.07.18]
 1908年4月28日、最初のブラジル移民を乗せた船が神戸を出港した。今年はブラジル日本移民の開始からちょうど1世紀。北海道からの移民は都道府県別で4番目に多く、十勝管内から海を渡った人は400人といわれる。ブラジルの大地で根を張り、たくましく生きる十勝人を取材した。
第1部
7. 一家11人、戦前から74年
坂本 久江さん
[2008.05.05]
6. 地球の反対側で「十勝馬唄」
中田 行子さん
[2008.05.03]
5. 拠点つくり40年 ヤクルト副社長
飯崎 貞雄さん
[2008.05.02]
4. 23歳の花嫁…単身航海
小林 幹枝さん
[2008.05.01]
3. 農業後継者目指した「コチア青年」
馬場 光男さん
[2008.04.30]
2. 1世の切なさ胸に
田辺冨佐子さん
[2008.04.28]
1. 売上高48億円の「バナナ王」 
山田 勇次さん
[2008.04.27]
(C) TOKACHI MAINICHI NEWSPAPER >>> WEB TOKACHI トップ