牛乳のダイオキシン調査
「焼却場近くで高濃度」

中野畜大教授が発表

【名古屋=目黒精一】ごみ焼却場周辺の牧場で飼育される乳牛から採った牛乳と乳脂肪からダイオキシンが検出されたことが帯広畜産大学の中野益男教授(環境生化学)の調査で分かり、2日、名古屋市内の名城大学で開かれている日本農芸化学会で発表された。ダイオキシン濃度は焼却場に近いほど高く、最高値は牛乳1グラム当たり0.2ピコグラム(1ピコは1兆分の1)、牛乳から抽出した乳脂肪では同4.6ピコグラムだった。全国2ブロックで調べた中野教授は「発育盛りの子供への影響が心配。牛乳にも規制値を設けるべきだ」と述べている。
中野益男教授

中野教授によると生乳についてのダイオキシン調査は全国でも初めて。調査は1996年から始め、酪農家の協力を得て昨年4月と12月にサンプルを採取した。ごみ焼却場に近い方から同心円状に5キロ、10キロ、20キロ、30キロ、40キロの10地点を対象にした。

その結果、5キロ圏の牧場から採った牛乳から1グラム当たり0.2ピコグラムを検出した。10キロ圏では0.1ピコグラム、20キロ圏では0.05ピコグラム、30キロ圏では0.04ピコグラムと焼却場からの距離が離れるほどダイオキシン濃度が低くなった。乳脂肪についても5キロ圏の4.6ピコグラムを最高に同様の結果となった。

日本には牛乳や乳製品についての規制値はない。厚生省は体重50キロの人を標準に「1日に体重1ロ当たり10ピコグラム」を許容摂取指針に定めている。中野教授の調査について同省は「最高値の牛乳を子供が摂取しても、ただちに問題になる値ではない」(乳肉衛生課)としている。

中野教授は北海道から九州まで全国を6ブロックに分け、調査を進めている。調査は一度ではなく、今後5年間程度、継続調査する。


・戻る