十勝毎日新聞社
WEB TOKACHI
Obihiro Tokachi Hokkaido Japan
>>> 目次ページに戻る
 [2006.07.20]

バイオマス展inとかち − “最前線”の技術展示 
実際に燃焼する木質ペレットに興味を寄せる来場者
 国際農機展の会場となった帯広市北愛国交流広場では、13−17日の開催期間中、さまざまなバイオマスエネルギーの可能性を紹介する「バイオマス展inとかち」が開かれた。バイオエタノールやBDFなどの実用化・普及に取り組む、管内外の12社・団体が、それぞれの“最前線”をPRした。

 農林水産物や家畜ふん尿など、十勝に豊富な有機物資源からエネルギーを得るバイオマス技術を、身近に感じてもらうのが狙い。会場には、まだまだ目にする機会の少ない各種技術の実機や研究成果が展示され、来場者の関心を集めた。

 技術的には確立されつつあるバイオマスエネルギーは、地域で循環させる社会システムの構築が不可欠。同展ではバイオガスや木質ペレットなどの可能性と有効性を広く一般市民にアピール、十勝での実用化に向けた大きな足がかりとなった。
(高田敦史)

>>> 目次ページに戻る
(C) TOKACHI MAINICHI NEWSPAPER >>> WEBTOKACHI トップ