農業の新たな挑戦
全国先進地ルポ

岡山県船穂町「テクノ・クリーンタウン構想」


「農」プラス「環境」
付加価値生む“循環型”
未発酵有機物を発酵堆肥に

 「クリーン農業のイメージは、生産物の付加価値化につながる。消費者は安心、安全、本物を求めている。特色ある地域でなければ、21世紀は生き残れない」。“陸の真珠”と評されるマスカットの産地・岡山県船穂(ふなお)町の土井博義町長が、農業を含めた循環型社会の実現を目指す「テクノ・クリーンタウン構想」について説明してくれた。

□□−−−−−□□
phot

農業残さ物などを原料に堆肥センターで作られる「テクノペレット」。センターを中心にクリーン農業が展開されている

マスカットの町

 丘陵地帯の入り組んだ細い道沿いに、マスカット用のビニールハウスが点在する。ハウス栽培の「加温マスカット」の全国シェアは約45%。「マスカットと清流の町をブランドとして定着させたい」と町全体でのクリーンな循環型社会実現を目指し、同構想がスタートした。

 構想の核として真っ先に開設されたのが、マスカットやダイコン、ニンジンなどの農業残さ物と家庭の生ごみを扱う「町堆肥(たいひ)センター」。稼働したのは1996年のこと。未発酵有機物から発酵堆肥を作るプラントの実用化は、国内初だった。同センターを運営する町農業公社の狩山恭三事務局長は「循環の輪の中から価値を見いだし、町を輝かせていきたい」と期待を込める。

□□−−−−−□□

年間生産量150トン

 農家は、家畜のえさなどで適正に処理できない農業残さ物を同センターに直接持ち込む。各家庭にはバケツとボカシ(発酵促進剤をぬかに混ぜたもの)を配り、週1回、同センターがバケツを回収してプラントに投入する。約1週間で有機堆肥「テクノペレット」に生まれ変わる。
phot
 ペレットに含まれる乳酸菌などの微生物は土壌作りに貢献する。年間生産量150トンの3分の2は町外で販売され、家庭菜園用や産直に取り組む農家からの引き合いが多いという。

 町内では3小中学校の給食にペレットで栽培した米を提供。来年度からは給食用のすべての野菜づくりに活用する。

 また、同センターでは「労働力のリサイクルを図る」(町産業課)観点から、町シルバー人材センターに登録する高齢者9人を雇用。生き生きと働く従業員の口からは、「充実した毎日」との言葉が相次いで飛び出した。

 マスカットの付加価値化は別の側面からも展開。「通年味わえる商品で町のファンを作りたい」(土井町長)と、2000年からマスカットワインを製造、04年には工場が完成する。ワイン用だと粒の形にこだわらないため、「無農薬栽培も視野に入れている」(同課)。

□□−−−−−□□

消費者PR課題

 循環型のクリーン農業をどうやって消費者にPRするか−それが目下の課題だ。認証シールなどの具体策は模索中だが、土井町長は「環境に対する町民の意識は向上しており、基盤は整備されつつある」と話す。

 農業を軸とした循環の輪の広がりが、町全体に活力を与えている様子を目の当たりにし、環境が農業に新たな価値を生み出す日が近いことを感じた。(池谷智仁)(03.01.07)

<テクノ・クリーンタウン構想>人と自然が共生し、生きがいの創造できるまちづくりなどを基本目標に、1994年にスタート。地場産業の振興やごみの再資源化、福祉、バイオ技術(テクノ)などを複合的に駆使して、環境に優しい(クリーン)住みやすい地域(タウン)を推進していく構想

<メモ>船穂町は面積10・84平方キロメートル、人口約7800人。産業基盤は農業で、マスカット生産量は全国2位、1958年から栽培を始めた加温マスカットのシェアは全国一。ビニールハウスの中でボイラー加温して栽培し、露地栽培よりも3カ月ほど早い5月に出荷する。営農用水は豊富な水量を持つ一級河川の清流・高梁(たかはし)川を使用。

|5| index


HOME