HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】ライフ編:冬のファッション攻略
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】ライフ編:冬のファッション攻略

  • 2016年11月11日 12時57分

アウターは「大きめ」「ロング」
 本格的な冬が到来。毎年頭を悩ませるアウターですが、今年はどんなデザインがはやっているのでしょうか。前回、バーゲン攻略企画で大好評だったファッションアドバイザー、片山あこさんに同行してもらい、「失敗しないアウター攻略」を教えてもらいました。さぁ、冬のオシャレを楽しみましょう。

片山さん(左)と、あれこれ話しながら試着。このひとときが楽しい

アドバイザー片山さん同行
 訪れたのは札幌中心部にあり、幅広い世代に愛される「札幌三越」本館4階の婦人服コーナー。今年のポイントは「ビッグシルエット」と「ロング」。大きめのデザインで、着丈もロングなコートがトレンドだそう。

 ヴァンドゥー・オクトーブル(22 OCTOBRE)では、ラップウールコート(6万3720円。ピンクベージュ、モカの2色)が大人気。「ドロップショルダーといって肩幅を大きくしたようなデザインが特徴で、肩の付け根がストンと落ちたような、緩やかなデザイン」と片山さん。早速私も試着。軽くて暖かい。そして華やか。

 ついつい黒などのダークトーンばかり着てしまうこの時期ですが、ピンクベージュのこのコートはとてもすてきです。さらに、大きめのシルエットは体形もカバーしてくれる優れもの。

「ヴァンドゥー・オクトーブル」のラップウールコート(ピンクベージュ)

 「縦のシルエットが強く出るのでシュッとした効果もあるが、もたつきが出てしまうのも事実。ヒールやちょっと高さのあるブーツなどで合わせてみて」とアドバイスをいただき、ショートブーツ(2万5920円)も履いてみました。とてもすっきり見えますね。

 北口美奈店長は「定番の中にトレンド感を取り入れたものが多いので、親子で購入される方もいる。十勝の皆さんにもぜひお越しいただけたら」と話しています。

 続いては、同じく4階にある「blancvert(ブランベール)」。上質で大人の女性の“フェミニン”を、洗練されたスタイリングで提案してくれるお店です。

 お薦めは「フードリバーコート」(10万5840円。ホワイト、ネイビー、ベージュ、バイカラーの4色)」。こちらもドロップショルダーになっていますが、フードが付いているのに幼くなりすぎず、きれいめ(清潔感のある)大人カジュアルを楽しめるコートです。

若林(右)が試着した「ブランベール」のフードリバーコート(ネイビー)

 試着しましたが、こちらも軽くて着心地がいい。ポイントは、ボタンがないところ。「その分、今年のトレンドのファーやストール、インナーであれば厚めのセーターをプラスすることで、さまざまな雰囲気を楽しめる。1着で2度おいしいコートデザイン」と片山さんも太鼓判。

 昆由起子店長は「ネイビーが特にお薦め。若々しく見える効果もあるようですから、きれいめカジュアルを楽しんでほしい」と話してくれました。ぜひコート選びの参考にしていただけたら。

 なお札幌三越では、12月25日まで「三越のお歳暮」として、感謝の気持ちを伝える「冬の贈り物」も多彩に紹介しています。全国送料無料の商品も約1000品目を用意。ぜひこちらもお立ち寄りください。

<札幌三越> 
 中央区南1西3。午前10時~午後7時(本館2階から地下2階、北館は午後7時半まで)。(電話)011・271・3311

<片山あこ>
 見た目をプロデュースする個人向けファッションアドバイザー。2010年から札幌でアコズマジックサロンを運営。美容業界に携わり、1000人以上の女性のメークやファッションなどをサポート。現在はAIR-G(FM北海道)「Sparkle Sparkler」の「ファッションカレッジ」コーナー担当。2児の母。


<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
18日の十勝の天気
最高気温
-4℃
最低気温
-17℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み