HOME 特集 【若林聖子の遊楽ナビ】エンタメ編:元「SURFACE」ボーカル 椎名慶治さん
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【若林聖子の遊楽ナビ】エンタメ編:元「SURFACE」ボーカル 椎名慶治さん

  • 2016年11月4日 11時59分

新鮮で楽しめるライブを
 1998年「それじゃあバイバイ」でメジャーデビューした「SURFACE」のボーカル、椎名慶治さん。「ショムニ」や「お水の花道」など人気ドラマの主題歌を数多く担当し、その歌声に魅了された方も多いのでは? 今年はバンド解散後、ソロデビュー5周年。来札時にお話を伺いました。

アルバム充実の一枚
 -十勝を訪れたことはありますか?
 旭川、函館、小樽、そして札幌ではライブをしていますが、十勝はないです。いやいや、大好きなんですよ。十勝のチーズもワインも! くせがなくて飲みやすいから、つい「飲まさる」んですよ。(十勝のパンフレットを見ながら)ボーカリストにとってその土地の空気はすごく大事。見るからに良いというのが伝わってきました。ぜひ十勝でライブをしたいです。

 -さて、最近では1998年発表のシングル「さぁ」を、お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」が使用し、話題にもなりましたよね。
 そうなんです。でも、僕の歌だと知らない人も多くて。ここで、十勝の皆さんに声を大にして言いたい。あの卓球のコントの時に流れている曲を歌っているのが「椎名慶治」です。

今月2日発売のベストアルバム「RABBIT “BEST” MAN」

 -11月2日にベストアルバム「RABBIT “BEST” MAN」をリリースされました。
 どの曲も、その時にできるベストを尽くして作ったもの。だから収録曲もダーツかサイコロで決めてもいいかなと思ったぐらいで。それくらい、充実の一枚になっています。

 -人気ロックバンド「UNISON SQUARE GARDEN」の田淵智也さん作曲の「人生スパイス-go for broke-」も収録されていますね。
 もともと僕らの音楽をすごく聴いてくれていたそうで。一緒にライブしたり対談したりしていて、「曲書いてよ」って頼んだら本当に書いてきてくれて。それが「SURFACE」っぽくて笑っちゃいました。改めて彼は天才なんだなぁと思った。今じゃすっかり売れっ子バンドになって、「田淵! 先輩を置いていくなよー」と言いたいけど、本当にかっこいい曲なので聴いてほしいですね。

終始笑いをまじえて、たくさん話していただきました!

 -3月には北海道でのライブも決まっています。
 今回リリースのベスト盤が聞き飽きてくる時期だと思いますが、そうならないように斬新なアレンジを加えて新鮮に楽しめるライブにします。ぜひ遊びにきてください。

 僕はTAKUYAさん(元ジュディ・アンド・マリー)や、TERUさん(GLAY)、大黒摩季さんなど北海道出身のアーティストと仲良くさせてもらっていて縁を感じています。一緒に何かできれば…。そのために、もっと頑張ります。

<Yoshiharu Shiina LIVE 2017「RABBIT “6” MAN」> 
 2017年3月25日、札幌COLONY(中央区南7西4)。開場午後4時半、開演同5時。問い合わせはマウントアライブ(電話)011・623・5555(平日午前11時~午後6時)

<しいな・よしはる>
 1975年生まれ。1998年5月シングル「それじゃあバイバイ」でデビュー。親しみやすいメロディーと独特の歌詞、印象的なアレンジが融合したオリジナリティーあふれるサウンドが支持を集める。「SURFACE」としてシングル21枚、オリジナルアルバム6枚をリリース。2010年6月の東京国際フォーラム・ホールA公演で解散、同年11月ミニアルバム「I」でソロデビュー。


<わかばやし・せいこ>
 札幌を中心にフリーでキャスター、ライターなど幅広く活躍。札幌シティガイド、北海道フードマイスター、ジュニア野菜ソムリエの資格も有し、札幌の観光やグルメ事情に詳しい。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
とかち観光書店
6~12時 12~18時
17日の十勝の天気
最高気温
-1℃
最低気温
-11℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み