HOME 特集 【十勝へのメッセージ-企業トップに聞く-】SBIホールディングス 北尾吉孝社長
   | メール配信登録  twitter facebook |

特集

【十勝へのメッセージ-企業トップに聞く-】SBIホールディングス 北尾吉孝社長

  • 2016年5月3日 13時00分



十勝の農業 質・コストに優位性
 総合企業グループのSBIホールディングス(HD)はインターネット金融最大手として証券、銀行、保険などの金融サービス事業、投資事業を幅広く手掛けている。投資事業でいち早く中国進出を果たすなど積極的に海外展開し、アミノ酸の一種ALA(5-アミノレブリン酸)を使った健康食品、化粧品の販売も手掛け、バイオ事業にも意欲を見せる。北尾吉孝代表取締役執行役員社長(65)に、変化が著しい国際環境、金融市場下での事業展望や北海道・十勝の可能性などを聞いた。

<きたお・よしたか>
 1951年兵庫県出身。慶応義塾大学卒。英国ケンブリッジ大学経済学部卒。野村企業情報取締役、野村証券事業法人三部長、ソフトバンク常務取締役などを歴任。公益財団法人SBI子ども希望財団理事およびSBI大学院大学の学長も兼務する。論語や孫子など中国古典にも精通し著書や講演も多数。

運命共同体”の産業 どう振興するか
 -現在の経済情勢をどうみるか。
 日銀のマイナス金利政策の効果はまだ判定できないが、企業の設備投資を誘導するという狙いには至っていない。住宅ローン引き下げで借り換えは急増し、傘下のSBIネット銀行の2月申込件数は前月の約3倍に達している。一方で米国の利上げ、中国の経済成長の鈍化など、日本全体に漠然とした不安が取り巻いている状況だ。日本一国の経済政策だけでなく、主要国の政策や地政学的リスクなど、グローバルな影響に意識を働かせる必要がある。

 -海外展開では、その中国に力を入れている。
 中国への進出は投資事業からスタートし、当社単独よりもパートナーとともに進出した方が事業進出を加速できるだろうと考え、2005年にシンガポールの政府系投資機関と共同で投資ファンドを設立した。その後も国有企業や、中国は日本以上に産学連携が進んでいるので大学傘下の投資機関などとファンドを立ち上げている。最近では中国当局でインターネット金融の議論も出始めており、日本で実績ある当社にさらなるチャンスがある。

 -北海道・十勝の印象や思いは。
 中国のお客さまからよく聞くが、自然、食べ物など北海道人気は相当高い。私自身も海外駐在時には日本の米や果物のおいしさを実感した。北海道は地球温暖化で栽培可能な作物も増え、観光、農業分野での伸びしろは大きい。特に十勝は農業の大規模化、機械化が進み品質面、コスト面でも優位性がある。

 ただ、日本全体での東京一極集中は顕著で、大阪ですら地盤沈下を感じる。金融面では地元金融機関の貸し出し先がなくなり、合併がさらに加速するのではないか。問題は地方にとって“運命共同体”の産業をどうするか。例えば、ドイツはフランクフルト=金融、ベルリン=IT(情報技術)など地方ごとに中核を成す産業が分かれ、拠点都市の空港も整備されており、地方の産業振興の面で手本になる。

インターネット金融など総合企業グループSBIホールディングスの本社エントランス

 -注目する農業分野だが、TPP(環太平洋連携協定)など先行きに懸念もある。
 TPPは米国大統領選の行方も絡み確かに不透明だ。他国との競争に対抗できるのはコストだけではなく品質が重要。各産地で地元の大学などと連携した取り組みを進め、国の農業政策も所得補償から品質改良支援にシフトすべきと考える。当グループも創業以来の経営理念の一つに「新産業創造クリエーターを目指す」を掲げ、21世紀の中核産業であるITをはじめバイオテクノロジーに自ら進出した。

 -ALAも含めたバイオ事業への期待や戦略を。
 ALAは植物の光合成を行うために必要な葉緑素(クロロフィル)のエネルギー生産につながり、ALA含有肥料では収量増などの成果が発表されている。また、現在、メキシコでは、ALAを含有する家畜用肥料の実証実験も進めていて良好な中間報告を受けている。

 ALAのヒトへの応用では、国内の90以上の大学、大学病院などとも共同研究を進めている。現在、医療分野でALAを利用する30以上の特許を取得している。バーレーン政府と連携するなど海外にも広がる。傘下の生命保険事業では、健康寿命を延ばすことがビジネスの要となるので、健康分野ともリンクする。バイオ事業をグループ全体の発展につなげたい。
(聞き手・東京支社長竹内徹)

■インタビューを終えて
 座右の銘を、孔子の「徳は孤ならず必ず隣あり」とし、事業を実行するのは1人ではなく志を同じくする仲間がいるからで、リーダーには人を引きつける徳・人間的魅力が必要と強調した。毎日、限られた時間の中で書籍を読み、勉強を続ける姿勢に最前線に立つリーダーの気概を感じた。


<SBIホールディングス>
 SBIホールディングス 1999年設立。ネット証券最大手のSBI証券、住信SBIネット銀行、SBI損保などの金融サービス事業と、IT、バイオ、環境・エネルギー分野のベンチャー企業への投資や資産運用関連のサービスを提供するアセットマネジメント事業、医薬品、健康食品などを扱うバイオ関連事業を柱に展開。資本金816億8100万円。従業員数連結5347人(2015年12月末現在)。

観光特集(勝毎電子版)
十勝川白鳥大橋ライブカメラ
6~12時 12~18時
21日の十勝の天気
最高気温
10℃
最低気温
6℃
朝日デジタル

今、なぜ「かちまい」…
ご購読のお申し込み